ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
MacBook Proを修理に出したお話

うちのMacBook Pro、買った時から、USBメモリなどでデータのやり取りをしている途中で、「不正な取り出し」になることがちょくちょくあったのですが、最近になって頻度が増えてきたのでAppleに修理に出しました。

ところが、「検証を行いましたが再現させることができませんでした」「お客様が使用されているUSBデバイスに原因がある可能性が考えられます」という報告書とともに、何も修理しないであっという間に返却。
修理に出す前にサポート窓口で「うちの他のMacでは症状がでないのに、このMacBook Proでだけ症状がでるのは、パソコン側に問題があるとしか考えられない」と伝えたのに。
仕方ないので、サポート窓口で再び同じ説明をして、返却された梱包のままAppleに送り返し。
すると今度は電話がかかってきて「修理センターにあるUSB機器では症状が出ないので、症状が出るUSB機器を送ってください」と。仕方がないのでわざわざ中身を他のUSBメモリたちに移して、USBメモリを何本か送りました。
するとまたまた電話がかかってきて「送っていただいたUSBメモリで症状を確認しました。でも、不正な取り出しになる原因は、このUSBメモリにあるのでは?」と言ってきました。
だーかーらー。このMacBook Proに挿した時に、確かにUSBメモリによって症状の出やすい出にくいはあるけれども、他のMacに挿しても症状が一度も出たことがないんだから、USBメモリの問題ではないはずでしょ。
というような押し問答の末、ついに「では、関係ありそうなパーツとしてロジックボードを交換してみますが、それでも治らない可能性がありますがよろしいですか?」と言い出しました。
いやいやいやいや。治らないのはよろしくありませんから。もしロジックボード交換で治らないなら、他の原因を突き止めて不正な取り出しにならないようにしてくれなきゃ困りますよ。
「わかりました。治らないかもしれませんが、取り敢えず交換させていただくということでよろしいですか?」
はい、そうしてください。

ということで、ロジックボードを交換したMacBook Proが帰ってきました。
修正報告書を見ると、まだ「ご申告の症状につきまして、検証を行いましたが、再現させることができませんでした」と書いてあるし! 「お客様の環境下での再発を防止する為、想定される不具合部品として、ロジックボード、I/Oボードを交換致しました」と、あくまで、こちらのUSB機器に問題があるかのような口ぶり。困ったもんです。
果たしてロジックボードで解決しないのかどうか、梱包を開けて使ってみました。

早い! USB機器の読み込みが、倍くらい(←個人的な主観)早い!
その後しばらく使ってみましたが、「不正な取り出し」も起きないようです。

ほーらーねー。最初から原因はMacBook Pro側にあったのですよ。
ただ、私も当初はポートの接触か、どこか配線の接触が悪いのかなとも思っていたのですが、ロジックボードでしたか。
Appleさんも自社製品を知り尽くしているんだから、最初に修理依頼した時点で、この原因に思い当たってほしかったですねえ。

e0084998_18194961.jpeg

# by naocco-mdb | 2018-02-10 18:17 | ●仕事だ!デザインだ!
青根の生活史の一端を見せていただきました

あざおね社中さんに同行して相模原市緑区の上青根集落の団子焼と山の神の神事にお邪魔しました。

e0084998_23403116.jpeg

さらに、麻布大学の先生と学生たちが取り組んでいるサンショウウオ探しと集落の古民具探しにも参加。

e0084998_23405619.jpeg
e0084998_23411827.jpeg


養蚕と機織りが盛んだった青根周辺では、武蔵村山の業者から機織の機械を貸与されて村山大島紬を織り納品する家がたくさんあったこと、住み込みの織子さんを何人も雇っている家があって村もかなり賑やかだったこと、集落や周辺の村まで機織りを指導したり機械を調整しに行っていた女性もいたことなど、お年寄りからめちゃくちゃ貴重で興味深いお話を聞くことができました。

当時ご自身が織ったという村山大島紬の羽織も見せていただきました。


いや〜、早起き苦手な私が朝4時に家を出て車を走らせた甲斐がありました!


# by naocco-mdb | 2018-01-14 23:31 | ●それいけ!旅行&ダイビング
年末年始休業のお知らせ
年末のご挨拶にお伺いすべきところ、ブログにてのご案内で失礼いたします。
まつしまデザインブースは、12月28日(木)から1月4日(木)まで年末年始休業いたします。
年始は1月5日(金)より通常通り営業いたします。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

# by naocco-mdb | 2017-12-27 23:55 | *お知らせ*
Google子どものコーディング50周年記念Doodleやってみました
先週前半(たぶん4日(月)〜6日(水))は「子どものコーディング50周年記念」だったらしく(そんな昔から子どもはコーディングしてた??)、Google Doodleがかわいいプログラミングブロック遊びになっていました。
私も一応WEBデザイナーの端くれ! JavaScriptも触ったことある! ということで、早速遊んでみました。

e0084998_15390896.png
▶をクリックしてスタート。

e0084998_15401868.png
e0084998_15402394.png
最初にやり方を説明してくれます。まずは1コマ進めるところから。

e0084998_15404982.png
e0084998_15405460.png
1コマ進むブロックを2つ置くだけ。楽勝ですね。

e0084998_15411924.png
e0084998_15412696.png
次は方向転換のブロックが入りました。

e0084998_15415517.png
e0084998_15415905.png
ここまでは無問題です。

e0084998_15421617.png
e0084998_15422010.png
お、ループが出てきました。本格的ですね。

e0084998_15423487.png
e0084998_15423945.png
e0084998_15425567.png
どうやら最少移動回数(プログラムの最少ステップ数)だと
リボンが付くようです。ここまでは順調です。

e0084998_15431169.png
e0084998_15433196.png
今度は八の字。先ほどの3番目のように四角く動いて、
その後方向転換してまた四角く動けばOKですよね。

e0084998_15442737.png
e0084998_15443135.png
さらに複雑になりました。右向きに回転すればいいのか
左向きに回転すればいいのかだんだん混乱してきます。

e0084998_15450286.png
今度は角の動きがたくさんありそうですが、
最短距離で1周する方向性で考えてみます。
e0084998_15452196.png
こうかな?

e0084998_15454427.png
あれ?回転する位置を間違えたようで、
ニンジンを取り残してしまいました。

e0084998_15461183.png
一度ループを外して、1コマずつ考えていきましょう。

e0084998_15463719.png
で、同じ繰り返しのところをループで括ってみます。

e0084998_15465616.png
今度はいい動きをしています。

e0084998_15474849.png
e0084998_15475162.png
はい! 全部クリアしましたー。

しかし、この後、これにトライした方のブログを発見!
https://blog.kuromusubi.com/diary/20171204-doodle

それによれば、ループをさらにループで囲むこともできたんですね!
たかがGoogle Doodleなのにそんな高度に作られていたなんて気づきませんでした。
さらに、うさぎちゃんの動きを無駄に多くすれば、ステップ数を極端に少なくすることも可能だったみたい!
いや〜プログラミングは奥が深いです。

本職のプログラマーさんたちは、こうやって美しい動きと軽いデータの両立を日々模索しているんでしょうね。
頭が下がります。

# by naocco-mdb | 2017-12-10 16:14 | ●仕事だ!デザインだ!
自分にとっての西村京太郎は『名探偵なんか怖くない』
今、西村京太郎の『十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」』を読んでます。

一般の軍隊とは違う、将校養成学校であった陸軍幼年学校に4カ月だけ通った人の視点が、なかなか興味深くて目からウロコの一冊。「日本人は現代戦に向いていない」という彼の意見、現代社会を見ていてもかなり同感できます。

ところで、西村京太郎と言えば『〇〇急行殺人事件』みたいなトラベルミステリーが有名ですが、私にとっての西村京太郎は、中学生か高校生のときに読んだ『名探偵なんか怖くない』のシリーズ。
ポワロとかメグレ警部とかホームズとか明智小五郎とか世界の名探偵が一つの船か何かに乗り合わせてるところに事件が起きるストーリーで、各名探偵の個性がおもしろおかしく描かれていて大好きだったのです。

が、この本の中で西村京太郎が言うには「いっこうに売れなかった」らしい。
なんでかなー。おもしろいのに。
e0084998_18050855.jpeg

# by naocco-mdb | 2017-11-20 18:02 | ●その他いろいろ