ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
やっぱり英語やプログラミンより読解力が先だよね
この本読みました。

e0084998_20441500.jpg

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

https://honto.jp/netstore/pd-book_28822843.html


タイトルや帯だけ見ると、AIがどれだけ進歩したかというお話かな?と思う人も多いかと思いますが、違います。

教科書レベルの読解力がない日本人がどれだけ多いか、そのことがAI時代にどれだけリスクになるか、という深刻な問題が提起されています。

時間がない人は、第3章と第4章だけを読んでもOK。

自分の読解力のランクがどのくらいなのか、AIと比べてどうなのか、見てみてください。


by naocco-mdb | 2018-04-27 20:45 | ●その他いろいろ
「あざおねって何?」展に行ってきました

ときどきお邪魔する「あざおね社中」の活動を紹介する企画展と博物館トークが、麻布大学いのちの博物館で開催されたので行ってきました。


個人的には、青根の自治会倉庫から出てきた木喰仏が神奈川県で最初に発見されたものだという話がツボでした。江戸時代後期に、全国を旅しながら寄進を集めていた遊行僧(行者)「木喰(もくじき)」が、青根のお堂に泊めてもらったお礼に彫って置いていった仏様だそうです。


当時の村人たちは、こうした行者に敬意を払って丁重に扱いつつも、村の入口にあるお堂に泊めることで、よそ者を必要以上に村の中に入れないようにしていたのではないか?という相模原市立博物館の方の考察がなかなか興味深かったです。

(「神奈川県で最初に発見」というのは、埼玉や山梨では研究・調査が進んでいるのですでにたくさん発見されているが、神奈川県は研究・調査が進んでいないのでまだほとんど見つかっていないということ。研究・調査が進めば他にも出てくるだろうと言われている)


自分は歴史好きなのでこういうところから入りますが、自然環境から入る人、炭焼きのひとが使った斧やナタといった刃物から入る人、動物から入る人など、よそ者と地域との関わり方は様々だなあと思ったのでした。


e0084998_01521319.jpeg


e0084998_01551485.jpeg


e0084998_01555266.jpeg


ところで、私が1月に団子焼きで青根に行ったときに民家の倉庫から出てきた謎の古道具。何か吊るすような針金の輪が2つ付いていて、4面のパーツがスライド式で外れたりするのですが、これが何物でどうやって使うものなのかご存知の方いらっしゃいませんか〜?


e0084998_01561493.jpeg


by naocco-mdb | 2018-04-24 01:50 | ●その他いろいろ