ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
辻井伸行とフジコ・ヘミングがいいと思うわけ
辻井伸行演奏の「展覧会の絵」を買いました。
「展覧会の絵」というと、オーケストラのイメージが強かったので、
ピアノで指10本だけでこれだけのものが表現できるんだなあ、という印象。

実は、私は、クラシックはほとんど聞かないし、
当然のことながら全然詳しくありません。
が、辻井伸行とフジコ・ヘミングのピアノ曲だけは大好きで、
CDもほとんど持っています。

こんなこと言うと、ピアノやクラシック好きな人から
大ブーイングにあいそうですが、
他の演奏家の弾く曲はどれも、
CD1枚が終わる前に退屈で寝てしまいそうになるか、
雑音に感じて途中で停止ボタンを押したくなってしまいます。

しかし、この2人だけは何か違って、
頭にスッと入ってきて、なぜか脳が活性化する感じなのです。
単品で音楽だけじっくり聞いても退屈しないし、
聞きながら仕事すると妙にはかどる感じです。

では、辻井伸行やフジコ・ヘミングと他の演奏家の何が違うのか。

これまたピアニストの人たちから袋だたきにあいそうですが、
他の演奏家は、複雑な音譜を弾きこなす「技術」を
見せびらかしているようにしか感じられないのです。
そのため、ものすごく速く弾いたり、
間違いなく弾いたりするという点ではすごいのですが、
ただたくさんの音が重なっているだけで曲にメリハリがなかったり、
伴奏をがんばりすぎて主旋律の邪魔になっていると思うのです。

その点、辻井伸行とフジイ・ヘミングは、
主役の音とそれを引き立てるための脇役の音の役割分担が
ものすごく明確です。
さらに、曲の中における、主役となるべき部分と、
その主役へつなげたり引き立てたりする
脇役ともいうべき部分の役割分担も明確です。
曲の中の流れや全体バランスを大前提として
その中で「一音一音をどう使うか」を、
誰よりも脳内で構築できているように感じられるのです。

変な例えをするとすれば、
他の演奏家は
「年俸の高い一流の選手を揃えてもAクラス入りできなかった年の巨人」
辻井伸行とフジコ・ヘミングは
「落ちこぼれ選手でもノムさんの采配で優勝争いに食い込んだ年の楽天」
(フジコ・ヘミングなんて、音が抜けちゃってるときもありますから。笑)

辻井伸行とフジコ・ヘミングは、弾き方や音の性格も違うし、
それぞれ曲の解釈も全然違います。
それでも、2人の共通点
「曲全体の中の一音一音が活きている」その感じがいいのです。
by naocco-mdb | 2010-09-26 14:36 | ●その他いろいろ
ライフル射撃再開
昨日は東京都秋季ライフル射撃大会でした。
この一年はエイサー最優先の生活をしていたら、
当然のことながら射撃の練習回数は激減。
昨日の試合の結果も言わずと知れた……^_^;

しかも、最近は、女子と男子を別種目として分けて成績発表するもので、
高校や学連出身の上手い女の子たちの中に
一人だけ平凡な点数の自分がいる感じで、
差が目立っちゃってイヤなんですよね~。
日ラ(つまり全国規模)の試合はともかく東京都の試合くらいは、
男女いっしょに60発撃たせてほしいものです。(-_-#

さてさて、7月に始めます宣言した伏射については、
銃砲店の人といろいろ話し合った結果、
とりあえず今の銃のスリングをかけるレールを手前に移動して、
それでしばらく練習してみて、
それからゆっくり、どの銃を買うか考えようということになりました。
それで、昨日試合が終わったあと、銃を預けてきました。(^o^)v

10月くらいから練習開始したら、
今度の春あたり試合に出られるかな。。。いや、ん〜、秋かな。。。
by naocco-mdb | 2010-09-21 20:31 | ●知られざるライフル射撃
秋の臨時休業のお知らせ
まつしまデザインブースは下記のとおり
秋の臨時休業をとらせていただきます。

つきましては、誠に勝手ながら、
スケジュールの調整等をしていただけると幸いです。

   【記】

9月29日(水) 午前中:営業/午後:休業
9月30日(木) 休業
10月1日(金) 休業
10月2日(土) 休業
10月3日(日) 休業
10月4日(月) 休業
10月5日(火) 午前中:休業/午後:営業
by naocco-mdb | 2010-09-14 21:33 | *お知らせ*
夏の終わり
9月11日・12日の2日間にわたるフェスタまちだが終わりました。
フェスタまちだがエイサー主体のお祭りになってから10年余り。
今では、関西は大阪大正区のエイサー、
関東は東京町田市のエイサーと言われるくらい知られた存在です。

私の所属する町田エイサー青海波は、
もともとフェスタで踊ることが目的で創設されただけあって、
(もちろん今は他のイベントでの演舞にも力を入れていますが)
春から夏にかけての各演舞ごとに気分がどんどん盛り上がり、
フェスタでその熱気が頂点に達した感じでした。

今年は、フェーシ&アイコンタクトを
スローガンのようにして練習してきましたが、
本番もけっこう声も出て動きも揃っていて、
演舞後の周囲の反応もなかなか良かったように思います。

私自身はというと、
夏の初めに旗持ち、そして締太鼓デビューして、
最初は緊張して練習のときより力が入りまくって、
途中で息があがりそうになったりしましたが、
フェスタ近くになって、やっと、
周囲の動きにも注意を向けられるようになってきました。

踊りではまだまだ未熟ですが、
長いこと(笑)エイサーファンとして鑑賞する立場でいたので、
観客として見たとき「良いチームに見える」のはどういうチームか、
という点をアドバイスさせてもらったのが、
ちょっとは役に立ったとしたらうれしいです。

で、フェスタが終わってみると、
意外にも燃え尽きたのは最終演舞の直後だけ。
一夜明けた今は、すでに来年に向けて燃えてまっす。o(^-^)o
エイサー仲間とDVDチェックして自分の修正点を見つけたり、
練習方法考えたりするのが楽しみ♪
新人さんもいっぱい入ってくれるといいな〜。

〈写真:フェスタまちだの最後は恒例のカチャーシーで大盛り上がり〉
e0084998_18293135.jpg

by naocco-mdb | 2010-09-13 18:30 | ●エイサーすりさーさー
マニュアル車を乗りこなす年寄り!?
うちの母もついにお年頃となり、高齢者教習を受けてきました。
教習所で講義のあと、所内のコースを実車走行し、
適正判定されて「こういうことに気をつけてください」みたいなことを
言われたりしたのだとか。
(シミュレーターでゲームみたいなテストをするところもあるようですが、
母が受けた教習所にはそういうのはなかったようです。)

実車はマニュアル車とオートマ車好きな方を選べたのですが、
その日教習を受けていた人(母の他はみんな男性)は、母以外全員オートマ車。
一方、母は迷わずマニュアル車。

そう、母は、若い頃免許を取って以来、ずっとマニュアル車一本。
「今さらオートマ車なんか運転したら、急発進事故起こしちゃうわよ」
と、オートマ車を運転したことがないのです!
教習所の人に「この機会にオートマ車に乗ってみたらいかがですか?」
と聞かれたらしいのですが、
「乗り馴れないオートマ車で適正判定されるのは納得いかない」
と頑固にお断りしたもよう。(^_^;)

走り終わってから男性陣に
「マニュアル車をなかなかよく乗りこなしておられましたねえ」
と感心されたと自慢しつつ、
「オートマ車に乗ってた男の人たちは、
急加速や急ブレーキが多くて教官にいろいろ注意されてたけど、
オートマ車ってああいう走りしかできないのかしら。やっぱりオートマ車はイヤね」
と言う母。
いやいや、それはオートマ車の性能ではなくて運転手の技術ですから。。。

かくいう私も、自分の意思でギアを変えられるマニュアル車大好き派。
あこがれはやっぱり6速マニュアル車( ̄▽ ̄)**
今の車が壊れたらまたマニュアル車を買いたいところですが、
最近はどこのメーカーもオートマ車ばかりなので、
最悪マニュアルモード付きのオートマ車でも仕方ないかなー
と、思っている今日このごろなのです。
by naocco-mdb | 2010-09-06 14:00 | ●くるまはやっぱりMT車