ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
車も冬支度♪
「今年は『カマキリの卵が上のほうにあるから大雪になる』らしいですよ。」
とディーラーの人が言ってたのを思い出したので、
今年は早めに冬タイヤに交換です。

しかも、自分で交換するのは約2年ぶり。
事故後、この中古インプレッサになってからは「初」です!
昨年、一昨年は、首&背中&腰にやや不安があったので、
ガソリンスタンドなどでやってもらっていたのです。
自分で交換すると、やっぱり気持ちいいですね♪
あとでナットが開かなくなる心配もないし。

で、ジャッキを掛けようと思って、車体の下をのぞきこんでびっくり。
ジャッキを掛ける部分というのは、
レールがちょっと切り欠きになっているものですが、
この車、その切り欠きの部分がグニャグニャになっていたのです。
う〜ん、これじゃあ、きれいにジャッキの溝にレールがはまらない。。。
前のオーナーは、いったいどういうジャッキの掛け方してたんだか!

そういえば、この車、事故る前に乗っていたインプレッサと
同じ年式で走行距離もほとんど違わないのに、
キズが多かったり、内装のヘタリが多かったりするんだな。
なんか、前のオーナー、よほど乱暴な乗り方してたのかなあ。
by naocco-mdb | 2008-11-27 14:32 | ●くるまはやっぱりMT車
疑問がいっぱい裁判員制度2
研修会でつい聞き損なった疑問があります。
それは、裁判員等に選ばれたことを公にしてはいけない、という点。
いったいどこまでが「公」?

最高裁判所のHPによると
「日常生活の中で,家族や親しい人に話すこと」や「上司に裁判員等になったことを話して、休暇を申請したり、同僚の理解を求めること」
はOKですが、
「出版、放送といった手段による場合や
インターネット上のホームページ等に掲載するような場合など、
裁判員候補者になったことを不特定多数の人が知ることができるような状態」
はNGだそうです。

では、自営業者が顧客に向けたつもりで、
店の入口や、チラシ、HP内の掲示板・ブログなどに、
「裁判官候補になったので○月○日は臨時休業」
「さらに裁判員に選出されたら○月○日〜○日も臨時休業」
と書くのはどうなんでしょう???

最高裁判所の文面どおりに解釈すればNGっぽい?
でも、「裁判員」という言葉を伏せて、
「○月○日は臨時休業、○月○日〜○日も臨時休業の可能性あり」
とだけ書いたら、なんかマヌケ!(笑)

ところで、来年の裁判員候補者リストは、
年末には(つまり、もうすぐ)作成されるというのに、
その詳細は全然周知徹底されていない印象ですよね。
有権者全員が候補者リストに載る可能性があるわけだから、
早いところ選挙管理委員会などを通じて、
説明のパンフレットを送付するとかなんとかしてほしいものですな。
by naocco-mdb | 2008-11-14 11:40 | ●その他いろいろ
疑問がいっぱい裁判員制度
地元の青色申告会主催の裁判員制度研修会というのがあったので
行ってみました。
東京検察庁の人がパンフレットやPowerPointやアニメなどを見せながら
約1時間の説明し、そのあと質疑応答というものでした。

そこで初めて知って驚いたのが、
裁判所に呼び出されるのは、
最終的に選出された6人だけではない、ということ。

裁判員候補者は、なんと1事件につき50〜100人。
このうち何人かの辞退が書類選考の段階で認められたとしても、
2ケタくらいの人は裁判所に出向かなければなりません。

裁判所に出向くと、まず午前中に、
一人ずつ裁判官・検事(原告側)・弁護士(被告側)と面接し、
やっと6人が選ばれます。
そして、選ばれた6人は、
午後からいきなり審理や評議が始まるのです。

つまり!
裁判員候補として裁判所に呼び出されても、
当日になるまで、2〜4日仕事を休まなければならないのか、
はたまた、その日の午前中だけで帰されてしまうのか、
わからないのです!

こんな先の読めないスケジュール、えらい迷惑ですよね。
会社員なら、選ばれなければまた普通に出社すればすみますが、
パートの人なら、裁判が想定される2〜4日間シフトからはずれたら、
選ばれなくても、すでに他人が入ってしまったシフトにはもどれないわけで、
その間は収入が減ってしまいます。
自営業者などは、事前に周囲に休業のお知らせを出したり、
仕入れや仕込みをストップするわけで、
選ばれなくても、いきなり通常営業とはいかない可能性が大です。

なのに裁判員の日当(交通費別)は、最大で10,000円だけ。
候補者の場合は最大8,000円。

責任の重さのわりに安すぎる日当に加え、
候補にだけなって最終的には選出されず、
仕事に空白があいてしまったときの補償がないというのは、
どうも納得がいかないのです。

というか、そもそも、
民事裁判や憲法・法律解釈を問うような裁判なら、
法律の専門家と一般人とで見解に差が出るでしょうから、
新しい風を入れるために一般人を裁判員にする意味もありそうですが、
今度の裁判員制度の対象である刑事裁判の場合、
法律の専門家だけでやっても、一般人を混ぜてやっても、
見解にそんなに大きな差はなさそうですよね?

だとすると、これだけ大勢の一般人に日当を払うのって、
税金の無駄使いじゃないのかなあ?
by naocco-mdb | 2008-11-12 17:55 | ●その他いろいろ
タクシーウォーカー
という万歩計を買いました。
歩いた距離がタクシー料金に換算されて表示される優れモノ♪
初乗り710円で、2kmを超えると280mごとに
ちゃんと料金が加算されていきます。
早足で歩くと「高速割増」、
たくさん歩き続けると「長距離割増」もあります。(笑)

ちなみに本日は、17時の時点で2,470円分歩きました!
(1歩=60cmに設定して約10,000歩)

明日もがんばるぞー。(^o^)/
e0084998_17515713.jpg

by naocco-mdb | 2008-11-12 17:51 | ●その他いろいろ