ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
カテゴリ:●くるまはやっぱりMT車( 18 )
ピンクのエンブレム
後釜の白インプレッサ君のフロントグリルに
STI(Subaru Technica International)カラーである
チェリーレッドの「i」マークのエンブレムを着けてあげました!
またちょっと、かわいくなりましたよー。(親バカ)

本当は、お亡くなりになった青インプに着けていたのと同じ、
チェリーレッドのスバルマークのエンブレムを買おうと思ったのですが、
どうやらもう販売していないらしい。。。(;_;)

STIのWEBサイトにも載っていないし、
ディーラーの人の話では、この頃ロゴの規定が厳しくなって、
「六連星の背景は必ず紺」と決められて、
チェリーレッドのものは生産・販売できなくなったのだとか。
そういえば、現行モデルのインプレッサは、
STIバージョンでも普通の紺色のスバルマークが着いてるかも。

こういう職業の私が言うのもなんですが、
ロゴの規定って、そこまで厳しくする必要もないんでない?
例外規定を作ってもいいのにね。
e0084998_12301869.jpg

by naocco-mdb | 2007-02-04 12:24 | ●くるまはやっぱりMT車
弁護士から振込???
先月、交通事故の損害賠償が銀行に振り込まれました。
というか、振り込まれていたことに今月になって気づきました。
なぜなら、振込人の名義が弁護士の名前だったから!!

今回振り込まれたのは、例の調停までもつれこんだ対物賠償分。
それ以外(対人賠償など)については
相手方の保険会社名義での振込だったので、
対物もてっきり保険会社名義で振り込まれるものと思っていました。
通帳にいきなり弁護士個人の名前が印字されていたら
「誰これ?」って思いますよね。

弁護士って保険会社の代理で調停に出てくる以外に、
お金の振込業務もやるものなの???
by naocco-mdb | 2007-01-25 11:08 | ●くるまはやっぱりMT車
「調停」初体験談
はじめて「調停」を申し立てました。
そして、昨日はその調停の日でした。
そうなんです。8月の追突事故をまだ引きずっていたんです。
今回申し立てたのは、全損した車の買替諸費用を
損害賠償として認めさせるためでした。

簡易裁判所に行ってみると、
ミーティングルームのような部屋に、裁判官1人と調停員2人。
裁判官は「他の件と並行して受け持っている」とかで、
挨拶のあとすぐ出て行ってしまい、
あとは、申立人である私と相手方が、
交互に部屋に入って調停員2人と話合います。
結論が出ると、15分くらいで調停文が作成され、
さきほど出ていってしまった裁判官がそれを読み上げて終了、
という手順でした。

さて、相手方で来ていたのは、
加害者本人でも保険会社でもなく、弁護士。
こちらはズブの素人なのに、なんか不公平な感じ。
しかも、答弁書なるものを用意してきていて、
これまで保険会社が電話やFAXで
「支払います」と言っていた金額を撤回してきた!
この「撤回」は想定外でした。
そんなのアリなんですね。。。

撤回してきたのは、実際には使われなかった代車費用。
まあ、言われてみれば使わなかったわけだから、
支払われる必要のない費用ではあるわけだけれども、
保険会社は、これまで一貫して「支払います」と言っていただけに、
「何で今さら?」という不快感はぬぐえません。

結局、相手方はが代車費用を撤回するかわりに買替諸費用を認め、
和解金1万円を払うということで、“いちおう”合意。
代車費用と買替諸費用はだいたい同額だったので、
要するにプラスわずか1万円。
調停を申し立てる費用や自分の人件費を考えるとプラマイゼロ。
そんなことなら、保険会社が示談の段階で、
代車費用を含めずに計算して買替諸費用を認めていれば、
こっちは余計な手間ひまかけて調停なんかしなくてすんだのに!
と思うと、なんか後味の悪い、悔しい結果でした。

でも、冷静になって振り返ってみれば、
最終的には、実際に全損した車と同じ車を入手するのに足りるだけの
損害賠償を獲得することができたのは、我ながら上出来。
いろんな人の話を聞いていると、実際の損害とは
ほど遠い金額で終わってしまうケースが多いらしいし。

当初は、壊れた車を直したい一心でものすごく研究して、
裏付け資料を盛り込んだ書面をFAXして保険会社と交渉したのが、
功を奏したみたいです。
調停申立書に添付して提出したこの書面を見た調停員が妙に感心して、
「これだけしっかりした書類で交渉されちゃったから、
 保険会社もたじろいじゃって弁護士が出てきたんでしょうねえ。」
と言っていました。
実際、FAXで交渉するのはおすすめです。
電話より冷静になれるし、時間をかけて資料を収集できるし、
万が一、調停や裁判になったときには、それが証拠になります。

というわけで、事故の件はこれで全て決着。
(ケガについてはすでに解決済)
自分に、お疲れさま!
by naocco-mdb | 2006-11-30 18:11 | ●くるまはやっぱりMT車
お披露目
青インプの後釜の白インプです。
よろしく!

青いの(C'z Sport II)と同じ年式なんですが、
発売時期がこの白いやつ(SRX)のほうが半年早くて、
それだけで各種装備が昔風なのが、ちょっと難点かな。

今はあまり流行らないウエストスポイラーとか、
当時全盛だったルーフレールとかは、
不本意だけど、はずすわけにいかないのでそのまま。
あと、オーディオがカセット/CDだったのはさすがに不便なので、
前の車についていたMD/CDのやつを移植してもらいました。
(その部分が壊れてなかったのは良かった。。。)

でも、1500ccから2000ccになったので、よく走ります。
このガソリン高のご時世に(笑)ハイオクを食う贅沢なヤツになりました。

WRX用のエアロをつけているSRXは少ないと思うので、
こういう車が首都圏を走っていたら、きっと私です。
さて、あとはどこをかわいくしようかな♪
e0084998_19225163.jpg

by naocco-mdb | 2006-11-05 19:25 | ●くるまはやっぱりMT車
2代目インプレッサ
今日は午前中に壊れたインプレッサが保管されているディーラーに行って、
今後どうするかについて話し合い。
エンジンや駆動部分には異常はなく走れるのだが、
前後から力が加わったためにフレームがゆがんでいるので、
修理するには150万近くかかってしまうらしい。
100万ちょいくらいまでなら、損害賠償で支払われる金額にプラスして
多少自腹を切っても修理したいと思ったのですが、150万はさすがに。。。

泣く泣く(ほんとに涙が出そうだった)修理はあきらめ、
同じ年式の中古車を探してもらうことになりました。

すると、今日下取りしたばかりの車が系列の中古車店に入荷されるという連絡が!
早速、夕方見に行ってきました。

そいつはインプレッサSRX(ノンターボの2000cc)の白。
4WD・5MTのC'zスポルトIIは希少すぎて出てくる可能性が低く
(実際、ネットで探しても見当たらない)、第一希望だった青か黒でもない。。。
でも、前のインプレッサにもつけてたのと同じフルエアロにすれば、
けっこうかわいくなりそうだし、
オーディオやタイヤ等も移植できるということだったので、
そいつに決めました。 (商売上手にのせられたかも?笑)

整備したりいろいろするので、納車は10月中旬。
これからは、こいつをかわいがります!
by naocco-mdb | 2006-09-23 23:05 | ●くるまはやっぱりMT車
♪自動車保険を見直そう♪
事故の件ではみなさんにご心配おかけしてしまってます。m(_ _)m
車が大破したわりには自分は軽傷で、
せっせと接骨院に通ってはいますが、
日常生活には支障はなく、
仕事にも影響なかったのはラッキーでした。。。

でも、今、加害者の保険会社と車の賠償のことでもめてる真っ最中で、
そちらのほうでストレスたまりまくってます。
車がそんなに新しくないので、査定額が低くなってしまって、
修理するのはもちろん、次の車を買う金額にも足りない!
その上、その保険会社の人の物言いが失礼な感じで、
いちいちムカつくんですよね。

自動車保険は、価格や自身の補償だけじゃなくて、
相手方への補償がきちんとしていたり、
相手方への対応(言葉使いとか、物腰とか、誠意とか)が
ちゃんとしているところを選びましょーね。
それから、対物超過特約にもしっかり入っておきましょう!
(修理代が壊れた車の時価額を超えた場合、超えた分も支払われる特約です。)

保険会社の対応があまりにも悪い場合、
被害者は加害者であるあなたに、直接何か言ってくる可能性もありますからね。
私としては、そういう事態は避けたいものです。

この事故をきっかけに、自分が加害者になったときのことを想像して、
自分の自動車保険の内容を確認しなおしてしまいました。
by naocco-mdb | 2006-09-11 20:46 | ●くるまはやっぱりMT車
整形外科医の見解って
先日の事故のあと、某大学病院の整形外科に行きました。

首から背中にかけて違和感だったのですが、
何故かレントゲンをとったのは首付近だけ。
警察に提出する診断書にも「頚椎捻挫」とだけ。
「背中を曲げると肩甲骨のあたりが痛いんです。」
「イスに座ると背もたれに背骨の2箇所くらい当たるんです。」
と言っても、
「1週間くらい激しい運動をしなければ、そのうち治ります。」
と言われて、湿布が処方されただけ。

首のほうは、数日したら腫れた感じもとれてきたものの、
背中はどんどんギシギシしてきて、
1週間後には、まともに前屈できないくらいになってしまいました。

翌週2度目に病院に行ったときに、そのことについて、
「調べたのは首だけでしたけど、今も痛いのは背中なんですが?」と聞くと、
「骨に異常があるわけじゃないから、そのうち治ります。」
「骨が折れたりまでいかなくても、何カ所か出っぱって布団や椅子の背に
 当たるんですが、背骨がずれてるってことは?」
「骨がずれたら歩けないほど痛いよ。」
「じゃあ、スジが違ったりしてるってことは?」
「スジっていうものはないんですよ。」
「スジって言う言葉が間違いだとすれば、
 靭帯とか筋肉がのびたり曲がったりしたまま戻らないってことは?」
「ないです。」
「ふうーん、でも、出っぱったままにしておいて、
 肩凝りとか腰痛が残ったりしないか心配なんですが?」
「そういうのは、事故のケガじゃなくて、もともと腰が悪かった人が
 事故をきっかけに表に出た症状を事故のせいにしてるんです。」
「え?じゃあ、そういう症状のある人はみんな腰が悪かった人なんですか?」
「。。。(無視)。。。」
「でも、それまで自覚症状がなかった人が、事故で痛くなったんなら、
 それは事故のケガってことですよね?」
「。。。あとは精神的なものだね!ともかく、湿布を処方しときますから!」

この医者は加害者側保険会社の回し者か?と思ってしまうような発言の数々!
インフォームドコンセプトからほど遠いばかりでなく、
早く治療をうち切りたい、関わりたくない態度が見え見えで、呆れました。

その後、転院した接骨院で、柔道整復師の先生に聞いたら、
首に衝撃を受けたときに、首と筋肉がつながっている背中が影響を受け、
背中のもともと弱かった部分が傷つくことはある、ということでした。
なるほど、そう説明されれば納得!

接骨院に2回ほど通い、まだ違和感やだるさは残るものの、
背中がギシギシするのと、背もたれに骨があたるのは解消されました。
ひとまず、めでたし、めでたし。
by naocco-mdb | 2006-08-28 20:48 | ●くるまはやっぱりMT車
愛車インプレッサが。。。大破!(号泣)
先週の土曜日、交通事故にあってしまいました。
町田街道で渋滞中、停車していたら後ろの車に追突されて、
そのまま押し出されて前のトラックにのめり込むという、
3台玉突きの真ん中。

自分の体については、病院に行ったら頚椎捻挫ということで、
幸い、肩や背中が重苦しいくらいですんだのですが、
愛車インプレッサは無残にも大破!
ハッチバックが押しつぶされボンネットが折れ曲がって、
まさにフルフラップの衝突実験車輌のような状態に。。。

私自身は普通に仕事場にいますが、車は現在入院中。
ていうか、直るものかどうかわからない!
ショックです。。。(T_T)
by naocco-mdb | 2006-08-21 18:03 | ●くるまはやっぱりMT車