ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
デザイン雑誌『MdN』がついに休刊 (T_T)
ついに、と言いますか、『MdN』雑誌版も休刊なんですねー。
自分がこの業界に入った頃、既に無きDTPWorldという雑誌と双璧をなしていました。DTPWorldは技術・仕組み寄り、MdNはアート・クリエイティブ寄りというイメージでした。
個人的には、DTPWorldは定期購読してMdNは気になる特集のときに買うという感じでお世話になっていました。
そのDTPWorldはすでに10年くらい前に休刊、MdNはよく保ったなーと思います。
MdNってそもそも「Macintosh designers Network」から来てるんですもんね。デザイナーがMacを使い始めた時代の熱量を感じます。

詳細はこちら↓
『雑誌『MdN』休刊のお知らせ』
https://books.mdn.co.jp/announce/63202/




# by naocco-mdb | 2019-01-11 15:35 | ●仕事だ!デザインだ!
秋季休業のお知らせ
まつしまデザインブースは、以下のとおり夏季ならぬ秋季休暇を取らせていただきます。
スケジュール調整など何かとご不便をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

10月15日(月) 通常営業
10月16日(火) 午後3時で終業
10月17日(水) 休業
10月18日(木) 休業
10月19日(金) 休業
10月20日(土) 休業
10月21日(日) 休業
10月22日(月) 休業
10月23日(火) 休業
10月24日(水) 休業
10月25日(木) 休業
10月26日(金) 通常営業


# by naocco-mdb | 2018-10-16 21:05 | *お知らせ*
経済産業省も動き出した「デザイン経営」
経済産業省・特許庁が、有識者からなる「産業競争力とデザインを考える研究会」を立ち上げ、11回にわたる研究会の議論の結果をまとめた報告書『「デザイン経営」宣言』を発表しました。

■経済産業省:「産業競争力とデザインを考える研究会」の報告書を取りまとめました

■経済産業省:産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』

これによると、欧米の活躍めざましい企業は特許出願が増えた後に意匠登録が増えるのに対し、1990年代以降の日本企業の多くは特許出願しても意匠登録が低迷しているそうです。
発明が行われると特許出願され、それが商品化されて市場に投入できるようになると意匠登録されるというプロセスを考えると、日本企業の発明がいかに市場に結びついていないかがわかります。
つまり、利用者視点に立っていない研究開発で終わってしまっているのです。

では、研究開発と社会実装の溝を埋めるにはどうしたらいいのか?
それには、社会のニーズを利用者視点で見極め、新しい価値に結びつけることが必要。
そしてそれこそが「デザイン」! 
ということがわかりやすく書かれています。

これからの企業は、デザインなくしてブランド力向上もイノベーション創出もない一方、これからのデザイナーも、経営的視点・事業戦略構築力・社会課題切り出し力が求められますね。

e0084998_18174855.png

e0084998_18172837.png

# by naocco-mdb | 2018-09-03 18:31 | ●仕事だ!デザインだ!
縮んでいく日本で史資料を守るには
『文化財298件が不明 所有者死去・転居など追い切れず』
こういうことは、高齢化・人口減少社会に突入した象徴的な現象なのかな、と。これから加速度的に増えていくんでしょうね。最近よく聞く、図書館や郷土資料館の合併や移転に伴う史資料の廃棄も同じ流れでしょう。
(私が住んでいる市でも今、その辺りがとても危ういと言われています)

本来なら、少子高齢化が明らかになってもまだ人口的・財政的に余裕のあった90年代か00年代くらいから準備しておくべきだったのでしょうが、そうしてこなかったツケなので、今からでもトリアージ的に、保存するべき史資料の優先順位やデジタル化の要不要を検討するべきだと思います。

そこで重要になるのが司書や学芸員なので、行政はこの人たちをもっと大切にして、連携して事にあたってほしいものです。
司書・学芸員の皆さんは、ぜひ横の繋がりを深めて、知恵を結集していただきたいです。

# by naocco-mdb | 2018-08-18 12:36 | ●その他いろいろ
オリンパスTG-5を買いました!

一応ダイバーの端くれなので、防水とレンズの明るさに惹かれてオリンパスTG-5を購入。

まだほんの少しですが、いじってみたらなかなかすごい。

コンパクトデジカメなのに、マニュアルフォーカス(被写体が細かったりして、オートフォーカスだと焦点が合わないときに便利そう!)もできるし、オプションの望遠レンズ(内蔵でも光学4倍ズームまであるんですが、これをつけるとさらに2倍、つまり8倍になる)や魚眼レンズも装着できるし、RAW画像も保存できるし、ちょっとミラーレス一眼気分を味わえます(笑)

あと、顕微鏡モードがおもしろいかも。
被写体に1cmまで近寄って超アップで撮れるので、プロっ“ぽい”写真になったりします。通常左上で光るフラッシュの光を右方向に向け、レンズの周囲の白い輪っかに反射させて柔らかい光にするオプションのディフューザーもあって、思わず一緒に買ってしまいました。

上から、フラッシュなし、通常のフラッシュ、ディフューザー装着してフラッシュ、です。


e0084998_20224109.jpeg


しかし、現時点で不満が2つあります。
1つ目は、メニューの使い勝手がいまいちなこと。
多機能なだけに、使いたいメニューがどこにあるのか探すのがとにかく大変なんですよね。分類方法とか名前の付け方を根本的に見直してほしいです。マニュアルなしで直感的に機能がわかるのiPhoneの考え方を参考にしてもらいたいなあ。
そして2つ目は、レンズカバーがないこと!
コンパクトデジカメみたいにカシャっと閉まる扉もないし、一眼みたいなレンズキャップもない。これは意外でした。持ち運んでるうちに、レンズに指紋がベタベタついたり、細かいキズがどんどんつきそうで心配です〜^^;


e0084998_20231232.jpeg


# by naocco-mdb | 2018-08-16 20:17 | ●それいけ!旅行&ダイビング