ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
カテゴリ:●知られざるライフル射撃( 37 )
射撃選手でも意外と知らないパラ射撃
今年度に入って「本気で練習再開するぞー」と思ったわりには、またまた2カ月ぶりの練習。
射撃をやってる人にはあまり見せたくない点数でございます( ̄▽ ̄;)

さて、今日は、射撃場でパラリンピックを目指している埼玉の皆さんとご一緒になりました(埼玉県には、活発に活動している身体障害者ライフル射撃連盟があります)。
ルールの違いや服装規定の違いを教えていただいて、興味津々。
オリンピックでは射撃競技を見に行きたいと思っていたんですが、むしろパラリンピックの射撃競技の方が見たくなりました。

ちなみに、健常者の射撃では、立って撃つ「立射」、立て膝で撃つ「膝射」、腹ばいで撃つ「伏射」がありますが、足に障害がある人の椅子に座って撃つクラスでは、机に肘を付かないのが「立射」、片肘付くのが「膝射」、両肘つくのが「伏射」なんだそうです。知らなかった〜
e0084998_17345504.jpg

by naocco-mdb | 2017-10-07 17:31 | ●知られざるライフル射撃
3位入賞…いちおうね f^_^;)
今日は多摩地区ライフル射撃大会in伊勢原でした。

この大会は、ちゃんと公式記録になる大会なのですが、けっこう親睦会的な雰囲気の大会で、今どき珍しく参加賞(ファミリーパックのチョコ・笑)と豪華(?)賞品が当たるクジ引き付きです。

東京23区の強豪もいないので、520点(600点満点)でも3位入賞っす( ̄▽ ̄)
e0084998_18265819.jpg

by naocco-mdb | 2014-11-08 18:21 | ●知られざるライフル射撃
エアーライフルを廃銃にしました
今日、警察に行って、2丁持っていたエアーライフルのうち、古い方の1丁、ファインベルクバウ601の許可抹消手続きをしてきました。新しいのを買って使い慣れてきて、2丁持っていても所持許可の更新が面倒なだけなので、古い方を手放すことにしたのです。

とはいえ、故障しているわけではないし、新銃と比べて精度が悪いわけでもないので、できれば誰かに使ってもらえればありがたいなーと思ったのですが、大学射撃部の後輩たちに聞いても「今のところいらない」、銃砲店に聞いても「あまり需要がないので、今在庫にある同じモデルが売れないと引き受けられない」とのこと。泣く泣くの廃銃です。

最近は、ルール改定で試合時間が短くなってしまったので、一発撃つごとにレバーを開け閉めして空気を入れるポンプ式は、確かに時間的・体力的にやや不利ではありますね。まあ、30年以上前のモデルなので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、やっぱりもったいない…

さて、所持するときの申請や手続きの複雑さに比べて、抹消するときの手続きは、それはそれは簡単なものでした。銃と許可証とハンコを持って行けばOK。その場で所有権を放棄します的な書類(タイトル忘れた)と抹消申請書に記入してハンコを押すだけです。書類の記載と許可証の記載と実際の銃が一致しているかどうかを確認してもらい、許可証の当該ページに赤ボールペンで斜線を引いてもらったら、それでおしまい。もちろん無料。

あああ…なんと呆気ない。

ちなみに、あわよくばエアーライフルを運んできた古い銃ケースなどもいっしょに処分してもらっちゃおう!と思っていたら、「銃本体だけなんですよ」の「だけ」をすごく強調されて、銃ケースはもちろんサイトや銃口カバーまで全部持ち帰らされました。
最後まで甘くなかった〜(^_^;)a

e0084998_19403674.jpg

by naocco-mdb | 2014-03-27 19:37 | ●知られざるライフル射撃
射撃シューズを「削り」ました
この春から、ライフル射撃の競技ルールが変わり、私のシューズもルールに合わなくなってしまいました。靴底が本体からはみ出す部分が、これまでは10mmまでOKだったのが5mmまでになったのです。

最初はノコギリか大型カッターで「切れば」いいかと思ったら、プラスチック部分は意外と硬く、ゴム部分は意外とグニョグニョで全然うまく切れません。いろいろ試した末、爪先の広い面はカンナを使ってそぐように、角の部分はカッターを使って鉛筆の要領で、地道に「削る」ことにしました。

こちらの写真の左足がBefore、右足がAfter。
e0084998_12333254.jpg

ご想像のとおり、現時点でまだ片足しかできてません( ̄▽ ̄;) いや〜、きっつい。すでに右手が筋肉痛です。これで明日、トリガーが引けなかったらどうしようかしら(笑)
by naocco-mdb | 2013-05-05 12:16 | ●知られざるライフル射撃
伊勢原射撃場の動向
珍しくライフル関連の投稿です。

平成14年から鉛処理問題とそれにまつわる予算や管理体制の問題でずーっと休場していた神奈川県立伊勢原射撃場が、いよいよ来年4月に再開場なりそうという話が持ち上がっているので、最近の記事&資料を集めてみました。

■伊勢原射撃場の指定管理者の選定にかかる行政改革推進本部の確認結果について
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5586/p486501.html

■指定管理者候補の選定理由等について
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/443165.pdf

■伊勢原射撃場について【文教常任委員会 質疑】
http://ameblo.jp/kazuma-nakatani/entry-11360237038.html

これによると、指定管理者に選ばれた一般社団法人神奈川県射撃協会というのは、クレー射撃協会・ライフル射撃協会・猟友会が指定管理をとることを前提に合同で設立した団体なんですねー。

施設概要(再開場するときの施設?)は以下のとおり。
神奈川国体のために新しく建てた建物のほうを使うんでしょうか??

●第1ライフル射撃場 第1ライフル棟
 小口径射撃場 26射座
 空気銃射撃場 26射座
●第2ライフル射撃場 大口径棟
 50m 5射座
 100m 5射座
●クレー 射撃場
 スキート射場 2面
 トラップ射場 3面

ともあれ、今度こそほんとうに再開場してもらって、せめて地元ライフル連盟の大会くらいは、高速道路を使わないで行ける伊勢原射撃場で開催したいものです。

e0084998_12211557.jpg

神奈川県ホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f20281/)に掲載されていた写真。廃墟みたいになっちゃってます…(T_T)
by naocco-mdb | 2012-10-11 12:13 | ●知られざるライフル射撃
ライフル大会の競技役員やってきました
今日はライフルの関東レベルの大会の競技役員でお手伝いに行ってきました。しかも、用具検査係は初めて。東京都レベルだと、ほとんど用具検査はやらないのです。

コート(ライフル競技で体がグラグラしないために着るもの)の厚さとか硬さは、着る前の用具検査でギリギリの数値だと、試合後に汗をかいた状態でフォローアップ検査すると、ほぼ失格数値になるから要注意とか、新しい知識多数。

さらに、東京都大会レベルだとジュリーって必要なのか?と内心思ってたんですが、全国レベルの大会ともなるとジュリーがいかに重要かよくわかりました。当たり前ですが、抗議などかあった場合の監督の目つきというか真剣さが違います。

いや〜、非常に勉強になる一日でした。
by naocco-mdb | 2012-08-25 21:16 | ●知られざるライフル射撃
デジタルピストル大会行って来ました
春に引き続き、デジタルピストル大会に行って来ました。

ところが今回も波乱含み。
発表された射座割表をみたら、
なんと自分以外全員、射撃部の高校生!
なんか場違いなところへ来たようで、急に気が重くなりました。

高校生たちは先生やコーチが引率していて、
どこで何したらいいか指示されてるのですが、
私は完全に放置プレイで、「あの〜受付は…」
「あの〜銃の貸出は…」「あの〜射手手帳は…」という感じで、
完全に蚊帳の外でした^^;

さらに、ローディングのレバーの扱いや
(銃の機種がいろいろあり、微妙に異なる)
パソコンソフトの扱いがわからず、もたついていたら、
「練習しに来て熟知してからエントリーしてよ」と怒られてしまいました。
え?だって東ラの会員なら誰でもエントリーできるって聞いたのに?
春にエントリーしたときは、銃の貸出のときに説明してくれたのに?

ちょっとカチンときましたが、
気を取り直して技術的なお話にまいりましょう。

デジタルピストルって、
なんとトリガーを引いてすぐには反応しないのです。
私の体感では約0.3秒後!
だから、普通のエアーライフルやエアーピストルのように
ベストなところでトリガーを引いてはダメなんです!

0.3秒後にベストになると思われるところで引き、
フォロースルーの間に(※)ベストの位置が来るようにする…。
そのことに第4シリーズで気づきました。
時すでに遅し…orz

あ〜、やっぱり銃のクセに慣れるために練習することって必要ですね。
(役員の人が言ってた理由とは違うけど^^;)
めげずに、また春にリベンジします。

※人によっては、フォロースルーができてれば当たる、
 と言う人もいますが、
 ARやAPのフォロースルーとは少し意味合いが違うと思います。
 なぜなら、そんなに長時間ベストな位置で
 銃口を止めておける人はあまりいないと思われるので。
by naocco-mdb | 2011-09-23 12:52 | ●知られざるライフル射撃
バウM700Jrで初練習
6月末から暑い日が続いて、
これでも梅雨なのかと思ってましたが、
今日はこれまでとは日差しの強さが違いますね。
今度こそ本当に梅雨明けでしょうね。

さて、そんなプール日和にも関わらず、
M700Jrの初練習に行ってきました。

世田谷射場に着いてみると、真っ暗!
もしや4月頃のように節電でやってないのかと青くなったら、
エアコンと標的を照らすライトだけついていました。
うう…、涙ぐましい努力(T_T)

気を取り直して、まずは、
銃を自分のカラダに合わせて調整するところから。
最近の銃は調整できるパーツが多すぎて迷ってしまいます。

そうこうしていて気づいたのが、
今までの銃がいかにカラダに合っていなかったということ。
今までの銃で邪道と言われるセッティングにしてたのは、
長すぎる銃を無理な姿勢で据銃していたからだと実感。
さらに必要以上の重さから解放されて、
チカラを抜くってこういうことかと、今さら気がつく始末。

そこで、カラダが小さい157cm以下の女子にアドバイス。
カラダが大きい男の先輩になんと言われようと、
ジュニアサイズを持ちましょう!

というわけで、セッティングほぼ完了。
サイトも合わせて、いつも通りのグルーピングになりました。

あと少し気になるのが、
フロントがもう少し重いほうが安定するかも、ということ。
バウ601のウェイトはバウ700Jrにも付けられるのかな?
それと、フロントサイトが小さくて、
黒点との隙間がシビア過ぎることも。
ま、これらは、おいおい調整していくとします。

今日は立射だったから、次回は伏射にしようかな^^
by naocco-mdb | 2011-07-09 14:47 | ●知られざるライフル射撃
初めてのデジタルピストル
はじめてデジタルピストルの大会に出てみました。
というか、デジタルピストルじたい撃つのは初めて。

2年ほど前までエアーピストルをやっていたので、
だいたい同じだからそこそこ当たるだろういう気持ち半分、
2年も片手系精密射撃から離れていてまともに当たるかという不安半分。
ピストル種目で履く靴は「くるぶしが隠れないもの」というルールに合わせて、
ローカットのスニーカーも購入して当日を迎えました。

ところが、うちの支部の事務局から聞いていた
会場の目黒区立碑文谷体育館に行ってみると、
それらしき人が誰もいない…。
体育館の職員の人に調べてもらったら、
なんと会場は同じ目黒区でも中央体育館とな!
大慌てで東横線&目黒線を乗り継いで中央体育館に急ぎました。

自分が2射群目であることを願いつつ会場受付へ行くと、
「あなたは 1射群だよ」と言われ、何も考える間もなく射座へ。
プレパレーションタイムかと思いきや本射始まってましたΣ( ̄□ ̄;)

しかも、レンタル銃で試合に出る場合は、
電池を持参しないといけなかったらしいのですが、
それすら知りませんでした(事務局~^^;)。
よくぞ棄権や失格にならずにすんだものです。

それでも、なんとか時間内に40発撃ち終わり、
めでたしめでたしです。

デジタルピストルは、銃を持った感じもトリガーの感じも、
エアーピストルとそれほど違わず、
初めてなのにこれだけバタバタした状況でも普通に撃てました。
ただ、誰かも言っていましたが、光線の反応(?)が遅めなので、
昔のスプリング式など弾速の遅い銃で撃ったときのように、
トリガーを引いたあともかなりしっかりフォロースルーしないと、
けっこうはずしてしまいます。
その点、デジタルピストルできちんと基本ができていれば、
エアーピストルに転向しても怖いものなしと言えそうです。

久しぶりの片手系精密射撃でしたが、
やっぱりライフルとはまた全然違うおもしろさですね。
またやりたくなってきてしまいました。
エアーピストルは更新の条件でめげますが、
デジタルピストルなら気軽にできそうなので、
またときどき参加してみようかな。
by naocco-mdb | 2011-05-08 21:15 | ●知られざるライフル射撃
銃所持許可申請のための診断書
新しくエアーライフルを購入するにあたり、
先日、市民病院の神経科・精神科に診断書を書いてもらいに行ってきました。
昨年の銃刀法の改正により、
それまでは内科医などでよかったものが
精神科医による診断書でないと有効ではなくなってしまったのです。

で、診療科が違うとどれだけ違う検査なんかをやるんだろう?と
期待半分不安半分で受診したのですが、
以前、子供の頃からかかりつけの内科医で診察してもらったのと、
内容はそれほど違いませんでした。

診断した先生もチラっと言っていたのですが、
こういう診断はいわゆる科学的なものではないので、
医師が受診者のことを普段から見て知っていないと
正直なところ判断が難しいとのこと。
事実、この先生は、私の銃所持歴の長さと面接したときの会話の雰囲気で、
「まあ、この人は大丈夫そうかな」と判断していた印象。
これでは、法律で内科医から精神科医に変えても、
あんまり意味なさそうですね。(^_^;)

さて、余談ながら、このとき認知症の検査というのもやったのですが…
曜日を聞かれて一瞬「何曜日だっけ?」と思ってしまいました。
単語3つを覚えて、他の質問にいろいろ答えたあと
「さてあの3つの単語は何でしたか?」と聞かれて
あやうく思い出せないところでした。
…まずいです。脳細胞かなり退化してます。
by naocco-mdb | 2011-04-01 20:32 | ●知られざるライフル射撃