ブログトップ | ログイン
まっちゃんの仕事部屋
naocco2005.exblog.jp
カテゴリ:●その他いろいろ( 168 )
自分にとっての西村京太郎は『名探偵なんか怖くない』
今、西村京太郎の『十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」』を読んでます。

一般の軍隊とは違う、将校養成学校であった陸軍幼年学校に4カ月だけ通った人の視点が、なかなか興味深くて目からウロコの一冊。「日本人は現代戦に向いていない」という彼の意見、現代社会を見ていてもかなり同感できます。

ところで、西村京太郎と言えば『〇〇急行殺人事件』みたいなトラベルミステリーが有名ですが、私にとっての西村京太郎は、中学生か高校生のときに読んだ『名探偵なんか怖くない』のシリーズ。
ポワロとかメグレ警部とかホームズとか明智小五郎とか世界の名探偵が一つの船か何かに乗り合わせてるところに事件が起きるストーリーで、各名探偵の個性がおもしろおかしく描かれていて大好きだったのです。

が、この本の中で西村京太郎が言うには「いっこうに売れなかった」らしい。
なんでかなー。おもしろいのに。
e0084998_18050855.jpeg

by naocco-mdb | 2017-11-20 18:02 | ●その他いろいろ
「2042年問題」というのが、かなりゾッとする
今、この本を読んでます。

e0084998_17463418.jpeg
『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』

現在の40〜50代が全て高齢者になるのが2042年だそう。
日本人はみんな、「はじめに」と目次だけでも目を通しておくのが良さそうです。


by naocco-mdb | 2017-11-15 17:42 | ●その他いろいろ
ジョリーパスタのドリンクバーにノンアルワイン!
昼頃に都内へ行ったのですが、コインパーキングがあまりにも高いので、最低限の用事だけ済ませてそそくさと退散。帰り道にずーーっと昔からある246沿いのジョリーパスタに寄りました。

ジョリーパスタのドリンクバーはすごいですね!
ノンアルのワインドリンクが4種類もあるんです!
車で来ているので、アルコール入ってたらやばいと思って、何度も見直して確認しちゃいましたよ。なっちゃんと同じ注ぎ口だから、間違いないです(笑)
e0084998_14544937.jpeg

by naocco-mdb | 2017-11-07 14:47 | ●その他いろいろ
「ハジマリニ カシコイモノ ゴザル」

明日を最後に閉館する聖書図書館に行ってきました。写真はダメかなー思いつつ念のため聞いてみたら「どうぞどうぞ。みなさんFacebookに上げてくださったりしてますよ」とのことだったので、一番お気に入りの2点を撮ってきました。


一つは、天保年間にドイツ人によって翻訳された最古の日本語聖書。

ヨハネによる福音書の冒頭部分を展示してあったのですが、現代語訳「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。」が、「ハジマリニ カシコイモノ ゴザル。コノカシコイモノ ゴクラクトモニゴザル。コノカシコイモノワ ゴクラク。」となっていて、なんだかかわいいです(*^^*)

e0084998_19172802.jpg


もう一つは、アイヌ語の聖書。

ローマ字綴りになっているのですが、カムイという言葉がたくさん出てくるのが、グッと来ました。

e0084998_19183937.jpg



by naocco-mdb | 2017-06-29 19:15 | ●その他いろいろ
ちょっと楽しそう?なラマダーンとイード
昨日は、パキスタン人と結婚してイスラム教徒になった方が主催するハラールに関する勉強会で、ラマダーンとイード(インドネシアやマレーシアではハリラヤと言いますね)について学んできました。
今年のラマダーンは今月27日からです。

ラマダーンの期間は日の出から日の入りまで原則として飲食しないのはよく知られたことですが、日が沈んだらイフタールという断食時間明けの軽食→普通の夕食→サヘリという寝る前の軽食と計3食も食べるので太る!など、ネイティヴではない日本人イスラム教徒の興味深い感想も聞けました。

ラマダーン期間終了初日のイードは、日本の正月や中国の春節のように、親戚・友人集まって盛大にお祝い。
パキスタンでは、子どもたちにお年玉も振舞われるのですが、なんと、そこで料金交渉する習慣があるそうです! 話してくれた人の子どもたちは日本育ちなので、そんなことは知らずにフツーに「ありがとう」とお年玉を受け取ってしまったら、周りの人たちに「ダメだよ〜。ちゃんと料金交渉しないと」と言われたそうです。
おもしろーい!

e0084998_15172444.jpg

by naocco-mdb | 2017-05-25 15:15 | ●その他いろいろ
「餞別」と「香典」の話

今日行った会合で聞いたこと。


町田市金森には、自治会・町内会・農協などとは関係ない完全に独立した存在の「婦人会」があります。

昭和16年から存続し、昨年で75周年を迎えたそうですが、最近、その昭和16年から20年までの『備忘録』と題したノートが見つかったそうです。中味は、様々な行事の覚書と、入出金の覚書。

その中で特徴的なのが、最初の方には「○○家 餞別」という項目がたくさん出てくるのに、昭和20年に入ったとたん「○○家 香典」が増えるということ。当時は小さな村だった金森地区だけで、20件以上の「香典」があったそうです。


村からたくさんの人が出征し、そのうち20人以上が戦死したという事実。貴重なそして本当に怖い歴史を物語る記録です。

世界情勢が不穏な昨今、こんな歴史が繰り返されないことを祈ります。


by naocco-mdb | 2017-05-16 18:16 | ●その他いろいろ
コンビニ廃棄ロスの記事で思い出した
日経ビジネスオンラインでこんな記事を読みました。

『コンビニオーナーが一様に口にする、ある懺悔
競争の陰で増す「廃棄」の罪悪感』
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/052400229


それで、だいぶ昔ですが、コンビニでバイトしていたときのことを思い出しました。

私がバイトしていたコンビニは食事付きでした。弁当のロス(賞味期限までは半日以上ある)があるときには、その弁当と店長(オーナーの奥さん)が作ってくれた豚汁、ロスがないときは全部作ってくれました。それでも廃棄ロスがゼロになることはありませんが、全部捨てるよりは良かったと思うし、プラスして手作りの豚汁を加えてくれたことで、オーナーの暖かさが感じられました。

廃棄ロスとは話がずれますが、オーナーは「好きなものを飲みなさい」と、午前・午後・夜間必ず1枚ずつバイトくんに飲み物のレシートを切ってくれました。バイトくんは、レシートをペットボトルや缶に貼って飲んでいました。よそのコンビニでバイトしていた子に聞くと、バイトくんが店のものを無銭飲食(一種の万引きですよね)するのが横行していたそうですが、うちの店ではそういうことは無かったと思います。また、お客さんから見ても棚卸ししたものだとはっきりわかるので、イメージも良かったと考えられます。

うちのオーナーと店長は賢明な人だったなと今でも思うのです。
by naocco-mdb | 2016-05-26 12:14 | ●その他いろいろ
ちょっとうれしいドトール再評価
こんな記事を見つけました。

『スタバ、深刻な顧客満足度低下…格安のドトール以下に転落「うるさい」「客が鬱陶しい」 | ビジネスジャーナル』
http://biz-journal.jp/i/2016/04/post_14685_entry.html


ドトール贔屓の私としては、ドトールが見直されて評価が相対的に上がるのはうれしいかも(^-^)b

昔はドトールと言えば、狭くて立ち飲み的な店が多かったですが、今ではゆったりした店が増えてかなり快適になりました。コーヒーもスタバより香りやコクが深いし、ミラノサンドも美味しい♪(ただ、お菓子に関しては、スタバは間違いなく本場アメリカの味です)

ちなみに、皆さん誤解してるみたいですが、ドトールがスタバに比べて安いかというと一概にそうとは言えないと思います。ドトールのSはスタバのShortより容量少ないですから。つまり、ドトールの良さは「安さ」ではない、それだけは確かです。

スタバに負けないように、ブランディングがんばってー٩( 'ω' )و
by naocco-mdb | 2016-04-14 10:41 | ●その他いろいろ
ナメられているらしい日本の大学について思ったこと
こんな記事を見ました。


昔々その昔、自分が大学生だった頃も(学校や学部によるのかもしれませんが)、今の私から見ても、何の役にも立たない内容のない一般教育科目がたくさんありました。教授は自分の研究こそが本業と思っているので、専門外の学生に教える気ゼロ、試験内容毎年同じ、採点する気もないから同じ回答が複数あってもお構いなし、という状態でした。
学生からすれば、そんな授業に出席したりまともにレポート作るのはそれこそ時間の無駄ですから、部活に勤しむことになります。部活に勤しんだ方が、先輩から様々な情報が入ってくるし、就活でも充実した学生生活を送ったと見なされて有利になりました。

で、そんな話はン十年前のことかと思っていたら、今だにそうなんですねえ。もちろんそうじゃない大学も増えているとは思いますが、変われていない大学も多いのでしょう。

社会人が多い大学院に入ってみて、学生より熱いかもしれない教授陣に出会い、オリジナリティを求められる課題が出されて、簡単には単位が取れない状況に追い込まれ、規定の年数で卒業することよりも試行錯誤することが重要な環境にいると、「本来、大学はこうあるべきだよなあ」と改めて思っている今日この頃なのです。

日本の大学生が海外からナメられる原因の根源は、大学と企業、両方の意識にあるのではないでしょうか。

by naocco-mdb | 2016-02-08 16:29 | ●その他いろいろ
渋谷学
渋谷の國學院大學博物館で興味深い企画展をやっていたので行ってきました。「渋谷学」ってあるんですね。一つの街を様々な学問の視点から考察する取り組みだそうです。楽しそうです。

それにしても、現在の渋谷は再開発でわけわからん状態になってますね。歩道橋の上で迷ってウロウロしてしまい、そのついでに写真なんか撮ってしまいました^^;
e0084998_20015473.jpeg
e0084998_20021660.jpeg

by naocco-mdb | 2015-09-30 20:00 | ●その他いろいろ